ビビック光のキャンペーン情報はコチラ!

ビビック光キャンペーン最新情報!家電量販店よりもお得に契約できる方法

 

ビビック光のお得なキャンペーン情報を大公開します!

 

 

最新情報!

 

2016年末でビビック光の高額キャッシュバックキャンペーンは終了しました。

 

 

 

 

今から利用する方は、提携関係にあるKDDIの「auひかり」がおすすめです!

 

 

 

2017年末までは契約時に3万円台の高額なキャッシュバックがついていたビビック光ですが、現在ではキャンペーンが終了しています。
逆にauひかりがキャッシュバックを43,000円まで増額し、ビビック光を使う予定だった方も、ぞくぞくとauひかりに変更している状況です。

 

 

もともとビビック光をおすすめする内容を掲載していた当サイトですが、現在は内容を変更し、auひかりを利用するとビビックよりどれだけお得になるかという視点で情報を公開しています。

 

 

 

auひかりとビビック光は事実上の提携関係にあるので、通信品質や月々の料金、auスマホの割引など、ほとんどの面で同じような内容です。
なので、キャンペーンが無くなったビビック光は魅力が少なくなり、逆にキャッシュバックが高額なauひかりの利用者を増やしているんですね。

 

 

現在のビビック光とauひかりではコスト面にかなり大きな差がついてしまっていて、ハッキリ言ってこれからビビック光を使うのはかなりもったいないです。
ビビック光のお申込みを考えていた方もこの記事の内容を確認し、検討しなおすことを強くおすすめします!

 

 

 

auひかりの内容はビビック光とほぼ同じ!?

 

ビビック光キャンペーン最新情報!家電量販店よりもお得に契約できる方法

 

 

後半で詳しくご説明しますが、auひかりをおすすめする理由は、契約時のキャッシュバックがかなり高額だからです。

 

ですが、そのほかの点がビビック光のほうが魅力的なら、キャッシュバックが無くてもビビック光を選んだほうが良いですよね。

 

 

それでもauひかりをおすすめするのは、ビビック光とauひかりはほぼ同じようなサービスだからです。

 

 

 

ビビック光とauひかりは実は同じグループ

 

 

ビビック光とauひかりが同じと言われても、いまいちピンと来ないかもしれません。

 

ですが、両社が同じようなサービス内容になるのには理由があるんです。

 

 

実はビビック光とauひかりは「PNJグループ(電力系通信事業者)」という同じグループの会社なんです。

 

 

 

ビビック光を提供しているQTnetは、九州電力系の会社であることはご存知の方も多いと思います。
「PNJグループ」というのは、ビビック光のように電力会社系の通信事業者の連合体です。

 

関西電力系のeo光や中部電力系のコミュファ光、四国電力系のメガエッグ光などなど、全国各地に同じタイプの事業者が多数存在しています。

 

 

 

 

auひかりを運営するKDDIは、これら電力系通信事業者の連合体であるPNJグループの基幹企業を務めています。
つまりこのグループの中心となる人物というわけですね。

 

 

なので、ビビック光を含む全国の電力会社系インターネット回線と、auひかりはかなり似たサービス内容となっているんです。

 

 

 

ビビック光とauひかりが同じ点

 

 

では具体的にビビック光とauひかりが同じ点を見ていきましょう。

 

 

基本料金

 

 

まずはビビック光とauひかりの基本料金から見ていきましょう。

 

 

ビビック光

 

■戸建て住宅の場合

 

  契約年数なし:5,500円
  3年契約プラン:4,700円

 

 

■マンションの場合

 

  契約戸数1戸未満:5,500円
  契約戸数2〜7戸:4,800円
  契約戸数8戸〜15戸:4,300円
  契約戸数16戸以上:3,800円

 

 ※同じ建物内のビビック光契約者の数で、料金が変わる仕組みです。

 

 

 

auひかり

 

■戸建て住宅の場合

 

  2年契約プラン:5,100円
  3年契約プラン:変動制(1年目:5,100円、2年目5,000円、3年目〜4,900円)

 

■マンションの場合

 

  一律3,800円

 

  ※契約戸数などは関係なく同じ料金です。

 

 

 

赤字は利用者が多いプランの料金です。

 

戸建てならビビック光は4,700円(3年のプラン)、auひかりなら5,100円(2年のプラン)か、4,900〜5,100円(3年契約のプラン)を利用することになるでしょう。
戸建ての場合はビビック光とauひかりの料金の差は月せいぜい数百円です。

 

 

 

マンションならビビック光は建物次第、auひかりなら3,800円で一律となります。
ビビック光は同じ建物に16戸以上ビビック光を利用している人がいないと、高すぎますね。

 

 

 

 

状況によっては現時点ではビビック光のほうがお得に感じる方もいると思います。
ですが、後半でご紹介するキャッシュバックを考慮すると、全員間違いなくauひかりのほうがトータルコストは安くなります。

 

 

 

 

auスマホとのセット割「スマートバリュー」

 

auスマホをお使いの方は、光回線とauスマホのセット割「スマートバリュー」が適用されます。
これはビビック光でもauひかりでも、全く同じ条件・割引額になります。

 

 

スマートバリューの割引額は1人当たり934〜2,000円
これが家族全員(離れて暮らしてる人も含む)に適用されるので、一家全体での通信費は大幅ダウンになります。

 

 

割引額はそれぞれのスマホの契約プランによって次のように変わります。

 

 

  • データ通信量が少ないプラン(1〜4ギガ):934円
  • データ通信量が中くらいのプラン(5〜20ギガ):1,410円
  • データ通信量が多いプラン(30ギガなど):2,000円

 

 

これが家族全員に適用されるので、割引額はかなり大きいですね。
ちなみにスマホを使っている方の7割は5〜20ギガのプランと言われているので、大半の方は1,410円割引の対象ということになりますね。

 

 

家族が4人以上になれば、光回線の使用料より、スマホ割引のほうが大きくなることもよくあるので、実質無料でネットが使えているというご家庭も多いです。

 

 

 

このスマートバリューはauひかりと、ビビック光を含む電力系の光回線を使用した場合にしか適用されないお得なものとなっています。

 

 

 

通信品質

 

インターネット回線を選ぶときは、通信品質を気にする方も多いですね。
ですが、ビビック光とauひかりの通信品質はまったくの互角と考えてよいです。

 

 

というのも、提携関係にある両社は非常に似たシステム、設備を使用しているので通信速度などの品質面もほぼ同じになるんですね。

 

 

回線速度はどちらも最大1Gbpsですし、両社とも混雑を回避する最新の接続システム「IPv6プラス」を導入しています。
実はこの2社はほぼ同じ中身なんですね。

 

 

通信速度は回線のほかに、プロバイダーにも影響されます。
強いて言うならプロバイダー固定のビビック光より、自由に選ぶことができるauひかりのほうが通信速度では有利と言えます。

 

 

auひかりを利用する場合のプロバイダーは、「IPv6プラス」に対応しているso-netやビッグローブを利用することをおすすめします。

 

 

 

 

初期費用

 

現在はビビック光もauひかりも契約時の初期費用はほぼ必要ありません

 

初期費用で最も大きな割合を占めている開通工事費が無料になるキャンペーンを実施しているからです。

 

 

 

通常時はビビック光もauひかりも開通時に30,000円前後の工事費が必要ですが、現在は特別キャンペーンで無料となっています。

 

 

 

 

 

差を分けているのはキャッシュバックのみ

 

ビビック光キャンペーン最新情報!家電量販店よりもお得に契約できる方法

 

 

 

ご覧いただいた通り、ビビック光とauひかりはコスト面・通信品質ともにかなり似た内容のサービスです。

 

2016年末までは、キャッシュバックもほぼ同じ額だったので、若干基本料金が安いビビックを紹介しているウェブサイトが多く存在していました。

 

 

ですが現在ではキャッシュバックにあまりに開きがあり、そのおかげでトータルコストでもauひかりのほうがかなりお得になってしまっています。

 

なので、現在ビビック光についてネットで検索すると、auひかりをおすすめしているサイトが数多く出てきます。

 

 

 

ではビビック光とauひかりの、最新のキャッシュバックキャンペーンを比較してみましょう。

 

 

 

 

ビビック光のキャンペーン

 

商品券1万円分

 

 

auひかりのキャンペーン

 

ひかり電話同時契約:43,000円
ひかり回線のみの契約:36,000円

 

 

 

 

ご覧の通り、現在ではビビック光とauひかりのキャッシュバックの差は33,000円となっています。

 

ビビック光のキャンペーンでは、はどんな条件にも関係なく一律10,000円のみの商品券キャッシュバックとなります。

 

auひかりのキャンペーンの場合、ひかり電話(固定電話)を使わない場合は36,000円となりますが、auスマートバリューを使うためには固定電話を契約しないといけないという条件がある(auひかりでもビビック光でも同じ)ので、大半の方は43,000円のキャッシュバックを受け取ることになります。

 

 

 

 

3年間利用時のトータルコストを比較してみよう

 

ビビック光キャンペーン最新情報!家電量販店よりもお得に契約できる方法

 

 

基本料金やキャンペーン、キャッシュバックを並べてみただけでは実際どちらのほうがお得なのかわかりにくいと思うので、ここからは3年間利用した場合のトータルコストを算出し、比較してみましょう。

 

 

 

ビビック光を3年間利用したと考えると、トータルコストは次のようになります。

 

【ビビック光を3年間利用した場合】

利用料金 基本料4,700円×3年間=169,200円
初期費用

工事費はキャンペーンでゼロ

 

事務手数料3,000円

キャッシュバック 商品券10,000円
3年間のトータルコスト 基本料+初期費用−キャッシュバック=162,200円

 

 

auひかりを3年間利用したと考えると、トータルコストは次のようになります。

 

【auひかりを3年間利用した場合】

利用料金

1年目の基本料5,100円×1年間=61,200円
2年目の基本金5,000円×1年間=60,000円
3年目の基本料4,900円×1年間=58,800円

 

 

3年間の基本料金=180,000

初期費用

工事費はキャンペーンでゼロ

 

事務手数料3,000円

キャッシュバック 43,000円
3年間のトータルコスト 基本料+初期費用−キャッシュバック=140,000円

 

 

3年間利用時のトータルコストはauひかりが22,200円も安いという結果になりました。
マンションタイプや、契約期間で料金は変わってきますが、どのような形であっても、最終的にはauひかりのほうが必ずお得になります。

 

 

 

 

3年間ほぼ同じ中身の光回線を使っているのに、手元に22,200円残るかどうかはかなり大きな違いですよね!

 

 

 

ビビックのキャッシュバックが30,000円を超えていた2017年1月以前は、どちらを選んでもほぼ同じコストになっていましたが、現在ではこれだけ違いがあります。

 

 

 

ビビック光の利用を考えていた方も、auひかりに乗り換えているので、あなたもぜひ検討しなおしてみてくださいね!

 

 

 

auひかりの43,000円キャッシュバックも期間限定です。
現在総務省が、スマホの乗換えやインターネット契約のキャッシュバックを規制する動きを見せています。

 

 

規模が大きいauひかりやドコモ光は現在もキャッシュバックを付けていますが、ビビックやほかの中堅クラスの光回線はほぼキャッシュバックが無くなっています。

 

auひかりのキャッシュバックキャンペーンも突然終了する可能性が高いので、迷っている方はお早目の判断をお勧めします!

 

 

>>auひかり 期間限定43,000円キャッシュバック キャンペーンはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※以下は過去記事です。2017年1月以前の内容となります。

 

 

 

@どこから申し込んでも同じ!ビビック光の公式キャンペーン

まずは時期にも制限がなく、どこから契約しても適用されるキャンペーンについてご紹介しましょう。

 

1.1セキュリティソフト無料キャンペーン

ビビック光の中でも評判が良いキャンペーンです。ビビック光を契約したご家庭のスマホやパソコン、タブレット端末など5台分までセキュリティソフトを無料で使えるというキャンペーンです。

 

しかも使えるのはインテルのウィルス対策ソフト「マカフィー」。セキュリティソフトとしては超有名ですし、かなり信頼度が高いですよね。ビビック光ならこのセキュリティソフトを無料で5台分まで使ええます。ビビック光以外で、セキュリティソフトまで面倒を見てくれるサービスはありません。ビビック光独自のお得なキャンペーンですね。

 

1.2ビビック光の月額料金が初月無料&11カ月間1000円割引

このキャンペーンも契約する場所に関係なく適用されるものです。中身はそのままですね。契約して最初の月の料金が無料。そのあと11か月間は利用料金から1000円が割引されます。

 

もともとビビック光の月額料金は、あらゆる光回線の中でも最安値クラスです。それがさらに割引されるので、1年目の使用量は他社回線と比べ物にならないくらい安くなります。

 

A時期や契約内容によって変化するキャンペーン

 

 

ここからは、時期や契約の内容によって変化するキャンペーンについてご紹介します。ビビック光を使い始める前に知っておかないと損してしまう内容が含まれているので、ここからは特によく覚えておいてくださいね!

 

2.1キャッシュバック

キャッシュバックは契約する場所によって金額が全然違うんですよね。なので申し込みをする場所がとても重要になってきます。

 

具体的には高額なキャッシュバックを設定している代理店のキャンペーンサイトが一番お得な条件になります。
※2016年末でこちらのキャンペーンは終了しました。

 

 

一番条件がいいのは正規代理店のフルコミットが運営しているキャンペーンサイト。
※フルコミット社もビビックの代理店契約を解除となり、キャンペーンは実施していません。

 

 

 

 

キャッシュバック金額は最大で3万円です。もちろん初月無料や11カ月間割引のキャンペーンも適用されるので、トータルすると4万円以上還元されることになります。

 

公式サイトは10000円の商品券、量販店は5000円の商品券などですから、還元される金額が一番多く、しかも現金で受け取れるフルコミットのキャンペーンが一番お得です。

 

2.2ビビック光「つづけて割」

これは契約内容によって変わるキャンペーンです。契約期間が無いほど月々の料金が割引されると言うもの。ちなみにマンションタイプは契約期間が無いので、この割引も無いです。

 

ホームタイプの場合は、3年契約のつづけて割なら毎月800円割引で月額4700円。5年契約のつづけて割ビッグなら毎月1100円割引で月額4300円になります。

 

戸建てタイプの光回線で、プロバイダー料金まで含めて5000円を切るところは、ほぼ皆無です。この割引を使えば最安値クラスの料金で1ギガの光回線を使えるのでめちゃくちゃ安いですよね。

 

2.3auスマホとビビック光のセット割「スマートバリュー」

じつはビビック光はauスマホとのセット割があります。CMでもおなじみのauスマートバリューがビビック光でも使えるんですね〜。これはめちゃくちゃ大きいです。しかも割引額も、通常のスマートバリューと全く同じ。家族全員のauスマホが1410円割引されることになりますから、めちゃくちゃお得です。

 

4人以上auスマホユーザーがいる家なら、ビビック光の月額料金とスマートバリューの割引額がほとんど同じくらいですから、タダで光回線を繋いでいるのと同じような状態になりますね!これは本当にお得です!

 

Bまとめ:キャッシュバックが最大の代理店で契約し、「つづけて割」を使うのが一番お得!

ビビック光のお得なキャンペーンは一通り説明し終えました。今までの内容をまとめて考えると、高額なキャッシュバックが貰える代理店を通して申し込むそしてつづけて割を使うのが一番お得ということになりますね。

 

auスマホを使っている方は、スマホ代も割引されるのでなおさらお得。実は九州内に住んでいるauユーザーが一番お得なのはauひかりじゃなくてビビック光なんですよね〜。

 

キャッシュバックや各種割引キャンペーンを併用させれば、auスマホユーザー以外でも、間違いなくトップクラスにお得な光回線ですからビビック光はめちゃくちゃおすすめ。

 

申込むときはキャッシュバックが最大30000円と高額なコチラのキャンペーンサイトを利用してくださいね!量販店や公式サイトのキャンペーンだと、キャッシュバックがかなり少なくなっちゃうんでもったいないですよ!

 

ビビック光 最大3万円キャッシュバックキャンペーンはコチラ

 

※2017年1月以降は申込できなくなりました。

 

 

 

 

現在最もお得なのはauひかりの43,000円キャッシュバックです!

 

ほぼ同じ料金・速度でキャッシュバックだけが高額なので、ビビックを使おうと思っていた方に最もおすすめです!

 

>>auひかり 期間限定43,000円キャッシュバック キャンペーンはこちら!